健康食品で栄養を補う|サプリメントを上手に摂取

健康食品で栄養を補う必要性

現在の日本では、サプリ大国と言われるアメリカと肩を並べるほど、サプリが一般的に利用されるようになりました。日本で食品の栄養を補う必要性とはどのようなところにあるのでしょう。

 

和食→洋食=栄養のひずみ

近年、日本ではサプリが不可欠と言われるようになってしまいましたが、どんな理由があるのでしょう。まず日本人はお米を主食にして、魚や野菜中心の和食がほとんどでした。それから欧米の食事がどんどん取り入れられるようになり、今では日本の食卓も洋食中心となっています。
しかし和食のマイナス面と洋食のマイナス面が、今の日本の食卓に反映しているのです。まず和食である魚料理や野菜料理が少なくなり、それでも主食をしっかり食べるところだけは残っています。そのため洋食スタイルになっても、ご飯やパンなどの炭水化物をしっかり食べてしまうことに。

 

また洋食のマイナス面でもある肉の食べすぎや、揚げ物などによる脂質の摂りすぎ。今まで魚料理中心だった日本人にとって肉料理は素晴らしく魅力的なものであり、揚げ物など大量に食べる洋食はすぐに浸透したのです。野菜はサラダが多くなり、和食の良いところでもある根菜類の煮物などは減っています。

 

このような食事の変化によって、大切な栄養素や食物繊維が不足することになっています。その上、脂質や糖質の取りすぎなどによって、皮下脂肪や内臓脂肪が溜まりやすくなってしまったのです。このような食事では、栄養の不足するのも当然のこと。そのため食事の足らない部分をサプリで補うことは、不可欠になってきているのです。

 

外食やインスタントなどによる栄養不足

日本では外食がとても増えたことによって、脂質が多くなり野菜類の摂取が減って栄養不足に。また共働きの家庭も増え、手をかけない食事が中心となりインスタントを多く使う家庭も多くなっています。そのため偏った食生活になりやすく、サプリを摂取する人が増えたのも理由の一つではないでしょうか。

 

ダイエットブームによる栄養不足

また最近では標準体型の人でもダイエットをしたいと思う傾向があり、ダイエットが大好きな人の多い時代です。相当痩せていないと気が済まない女性も多く、無理なダイエットをしている人も多くなっています。

 

全体的に食事の量を減らすため、思ったような栄養が摂れなくなっているのです。サプリに頼り過ぎは絶対に良くありませんが、補給としてサプリを上手に摂取することは、これからの日本ではどうしても必要となってくることなのではないでしょうか。

 

変わってきたサプリの必要性

本来は栄養のバランスや量を十分考えた食事を、きちんと摂取することができればサプリは必要ありません。しかし取り巻く環境も昔とは変わってきているため、どうしても食事面を頑張っても、現代人にはサプリによる栄養補給も必要になってきたのです。

 

例えば事務仕事も最近はみんなパソコンを使用します。そのため昔では考えられないような目の疲れも発生しているのです。またストレスのため、精神的な疾患や睡眠不足なども発生しています。このように今まではきちんとした食事を心がけていれば、特にサプリはいらないという時代は終わってしまったのかも知れません。